ブライダルエステではサロンまでの行き返りの化粧はどうするの?

ブライダルエステではさまざまな施術を受けることができますが、やはり顔の状態が気になるという人も多いでしょう。
肌の状態によって化粧ノリや写真写りなどが変わってきますし、しっかりと顔のケアを行うことが大切です。
自宅でケアを行うこともできますが、ブライダルエステのフェイシャルコースを受けた方が良いでしょう。
ブライダルエステのフェイシャルコースはかなり人気が高く、多くの人が受けているということです。
保湿やパックやピーリング、ニキビケア、毛穴ケア、美白、リフトアップなどさまざまなフェイシャルケアのメニューが用意されているため、希望や悩みに合わせてメニューを選んでいくと良いでしょう。
ブライダルエステを初めて利用する場合、いろいろと不安に思ったり、どうしたらいいのか悩んでしまう事があるかもしれません。
よくある疑問の一つが、フェイシャルコースを受ける場合に、メイクやコンタクトなどをどうしたらいいのかというものがあります。
フェイシャルコースを受ける場合、まずはすっぴんで行った方が良いのか、それとも普段通りの化粧をして行ってもいいのかと気になってしまうかもしれません。
近くのエステサロンにならすっぴんでも抵抗はないかもしれませんが、仕事帰りに立ち寄る場合や遠くのエステサロンに行く場合はメイクをして行きたいものでしょう。
(すっぴんじゃないとダメなら、知り合いにすっぴんを見られるのは絶対に嫌なので、サングラスやマスクですっぴんの顔を隠して、エステサロンまで行きたいと思う方もいるかもしれません。)
実際はどうかというと、メイクに関してはどちらでも構いません。
その理由は、ほとんどのエステサロンのフェイシャルコースは、クレンジングで肌を綺麗にすることから施術が始まるからです。
ただ、メイクについては気にしなくても良いのですが、すっぴんで行きたい場合でも必ず紫外線対策についてはしっかりとしておくことが大切です。
紫外線はシミやしわなどの原因となってしまうため、日焼け止めなどでケアしておきましょう。
(結婚式の前の大切な時期ですからね。)
それと、施術後のメイクについてですが、メイクルームを用意しているエステサロンが多いためので、メイクをしてから帰る事ができます。

ただし、メイク道具までは置いてない事が多いですので、自分のメイク道具を持っていくのがおすすめです。
それと、コンタクトレンズについては、施術中は外しておいた方が安全ですから、コンタクトを外すようにお願いされるサロンが多いです。
ですので、コンタクトをしていく場合には、外せるようにケースなどを持っていくようにしましょう。

 

銀座で人気のブライダルエステお試しランキング